ヒマワリ種子エキスとは?安全性と成分の特徴

ヒマワリ種子エキスサムネイル

このページでは、ヒマワリ種子エキスについて紹介します。

 

ヒマワリ種子エキスとは?

ヒマワリ種子エキスとは、ヒマワリの種から抽出されるエキスのこと。

ヒマワリには、抗酸化力のあるオレイン酸やリノール酸が多く含まれています。

 

皮膚のコンディショニング作用があり、保護剤としても役立つ成分です。

 

ヒマワリはもともとは食用だった

観賞用として人気の高いヒマワリですが、もともとは食用として作られてきた植物です。

 

ヒマワリの種には脂質とタンパク質が含まれており、原産国である北アメリカの先住民にとってかかせないものでした。

 

現在もヒマワリ油として家庭に用いられることもあります。

はるか昔から人にとってなじみの深い成分だったのです。

 

ヒマワリ種子エキスの安全性や毒性は?

ヒマワリ種子エキスは

皮膚刺激性 ほとんどなし
眼性刺激 不明
アレルギー性 ほとんどなし

と報告されています。

シャンプーなど、皮膚に付けるのであれば基本的には安全性の高い成分と言えます。

 

ヒマワリに含まれるリノール酸は食べて摂取した場合、多く取りすぎると食物や花粉などのアレルギー症状を悪化させることがあります。

一方オレイン酸はアレルギー促進作用はなく、中立。

 

リノール酸が多く含まれるかはヒマワリの品種によっても変わるので、アレルギー症状でトラブルを避けたい方はヒマワリ油の食べ過ぎに注意しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)