キレイなピンクベージュに染める方法 ブリーチありとなしで染めてみた

薄ピンク色の髪の女性の写真

ピンクの可愛さとベージュのやわらかさが混ざった「ピンクベージュカラー」。

女性やカジュアルな男性を中心に人気のあるヘアカラーですね。

 

ヘアカタログで「ピンクベージュ」と検索するとかわいくてキレイなヘアカラーがたくさん出てきますよね。

 

「私もピンクベージュにしたい!」と染めたい気持ちは分かりますが、ちょっと待って。

 

目的の色にするために大切なのは「ブリーチが必要なのか」「何回ブリーチが必要なのか」です。

 

ピンクは赤系なので、青系よりも発色しやすい色ですが、そのまま黒い髪の毛に染めてもインターネットに載っているようなキレイな発色をしません。

「こんなはずじゃなかった!」
「イメージと違った!」

とならないためにも、キレイなピンクベージュを出す方法や、大切なポイントを知っておいてください。

スポンサーリンク

ピンクベージュで染めよう!

ピンク色の髪の女性の写真

ピンクベージュはどんな色?

ピンクベージュカラーの写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/596234438142007698/

ピンクベージュカラーの写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/596234438142007706/

コチラがピンクベージュカラーの写真です。

2枚ともグラデーションなので、毛先がピンクベージュになっていますね。

透明感があり、可愛くてキレイな色です。

 

しかし、この2枚はブリーチしてある髪の毛なので透明感が出ています。

ブリーチしていない髪の毛にピンクベージュカラーを染めると、

ピンクベージュカラーの写真

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/596234438142007704/

ピンクベージュカラーの写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/596234438142007702/

この写真のように、ブラウンの強いたピンクになります。

 

ブリーチした髪の毛に染めたピンクベージュカラーを「ピンクベージュ」とイメージしていると、
物足りなさを感じることになります。

黒髪に染めたのも十分キレイな色なんですけどね。

 

透明感のある発色にはブリーチが必要

みなさんの髪の毛には「メラニン色素」と呼ばれる色素があります。

メラニン色素は、黄色があり、人それぞれ割合が違います。

日本人の髪の毛が黒っぽく見えるのは、黒や茶色のメラニン色素が多いからです。

 

逆に、全くメラニン色素がない髪の毛は「白髪」です。

髪の毛に色がないので真っ白なのです。

 

髪の毛にメラニン色素がたくさん残っていると、どんなヘアカラーをしても、黒ベースか茶色ベースのヘアカラーにしかなりません。

例えば、赤や青で染める場合も、

黒+赤=ほとんど黒い赤
黒+青=ほとんど黒い青

茶+赤=ほとんど茶色でほんのり赤い
茶+青=ほとんど茶色でほんのり青い

このような発色になってしまうので、色味のハッキリとした発色や透明感のあるヘアカラーをイメージされていた人にとっては、
「コレじゃない!」となってしまうのです。

 

ブリーチの回数も大切

透明感のあるピンクベージュを出すには、ブリーチが必要です。

しかし、ブリーチを1回すればどんな色でも出るのか。というとそれは違います。

 

黒髪からブリーチを行っても、金髪、人によっては茶髪で終わる人もいます。

大切なのは、ブリーチをするかしないか。ではなく、メラニン色素がどれくらい残っているか。でヘアカラーの透明感は決まってくるので誤解しないようにしてください。

 

1回のブリーチで足りないのであれば繰り返して行う必要があります。

ピンクは出しやすい色

数回のブリーチがキレイな発色のためには必要です。

とはいえ、ピンクなどの暖色系ヘアカラーは、アッシュやマット、グレーなどの寒色系ヘアカラーよりもずっと発色しやすい色です。

 

髪の毛のメラニン色素は、黒、茶色以外の色素が、赤、黄色があり暖色寄り。

そのため、ピンク、オレンジ、レッドなどの赤系ヘアカラーは発色しやすいのです。

ハードルが低い分、染め直しもしやすい色ですね。

黒染めには気を付けて

学校で、面接で、職場で。明るい髪の毛のままではいられなくなり、黒染めをした。
という方もいるかと思います。

 

髪の毛は黒染めしてしまうと、次に染める色の発色がとても悪くなります。

ほとんど染まらない…なんてことも珍しくありません。

 

黒染めが残っている髪の毛にピンクベージュはキレイに色がでないので、
一度黒染めを落としてから染めるようにしましょう。

スポンサーリンク

ピンクベージュを染めてみた

髪の毛をピンクベージュで染めてみました。

発色の比較が分かりやすくなるように、黒髪に染めたもの、ブリーチを1回~6回した髪の毛と全部で7パターン用意したので参考にしてください。

 

キレイなピンクベージュm目的の色になるためにはブリーチが何回必要なの?」という参考にもなるはずです。

 

今回染める髪の毛はコチラ

黒髪の写真 1~6回ブリーチした髪の毛の写真

ヘアカラーもパーマのしていないヴァージン毛と呼ばれる髪の毛と、ブリーチを1~6回している髪の毛です。

2枚目の写真は上から順番にブリーチの回数が増えているので、どんどん明るくなっているのが分かると思います。

 

ピンクとベージュのヘアカラー剤の写真

使うヘアカラー剤はコチラ。ピンクとベージュのヘアカラーを混ぜてピンクベージュを作ります。

ピンクベージュのヘアカラー剤を混ぜたもの

混ぜるとこのような状態。これを髪の毛に付けます。

ピンクベージュで染めている髪の毛の写真

するとこのような感じ。

このまま20~30分ほど時間を置いて流します。

黒髪をピンクベージュで染めた写真 ピンクベージュで染めた髪の毛の写真

黒髪とブリーチした髪の毛の仕上がりがコチラ。

 

この時のヘアカラーは、ピンクとベージュを1:1で染めましたが、正直ピンクが薄い!

ということで、ピンクの割合を増やして染め直しました。

それがコチラ。

黒髪は大して変わらないので染め直していません。

ピンクベージュを染め直した髪の毛の写真

ではそれぞれ写真と一緒に詳しく見ていきましょう。

 

黒髪にピンクベージュ

Befor

黒髪の写真

After

黒髪をピンクベージュで染めた写真

コチラが黒髪をピンクベージュのヘアカラーで染めたもの。

よく見るとほんのりピンクっぽさがありますが、ほとんど黒に近いですね。

 

透明感のあるピンクベージュをイメージして、「ピンクベージュのヘアカラーで染めたら色がでなかった!」

という方はこのような色になったのではないでしょうか。

 

「これがピンクベージュ…?」

こんな感じ。

 

イメージと違うかもしれませんが、これもちゃんとした「ピンクベージュ」なんですよ。

 

ブリーチ1回にピンクベージュ

Befor

1回ブリーチした髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ1回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ1回の写真

コチラが1回ブリーチした髪の毛にピンクベージュを染めた写真。

ブリーチで色素がたくさん壊れているので、黒髪よりは透明感が出ていますが、まだまだ茶色が強いですね。

 

ブリーチ2回にピンクベージュ

Befor

2回ブリーチした髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ2回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ2回の写真

 

ブリーチを2回しているので、さらに透明感が強くなっています。

まだ茶色が強い感じがしますが、ピンクっぽさは強くなっていますね。

 

ブリーチ3回にピンクベージュ

Befor

3回ブリーチ髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ3回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ3回の写真

コチラがブリーチ3回行ってからピンクベージュで染めたもの。

茶色がどんどん薄くなっているのでピンクの赤味も強くなっています。

黒髪と比べるとピンクはかなり出ていますね。

 

ブリーチ4回にピンクベージュ

Befor

4回ブリーチした髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ4回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ4回の写真

屋外でピンクベージュの発色を見た時に、ブリーチ4回からかなりピンク感と透明感が強く出ていたと感じました。

ブリーチをたくさんしているので、ベースの毛の透明感も強く、このあたりから「ヘアカタで出てくるピンクベージュっぽいな」
と感じました。

 

ブリーチ5回にピンクベージュ

Befor

5回ブリーチした髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ5回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ5回の写真

コチラがブリーチ5回行った髪の毛をピンクベージュにしたもの。

メラニン色素がほとんど残っていないので、キレイなピンクベージュになっていますね。

 

ただ、ブリーチをかなりしているので、髪の毛の傷みもスゴイことになっています。

 

ブリーチ6回にピンクベージュ

Befor

6回ブリーチした髪の毛の写真

After

ピンクベージュブリーチ6回の写真

染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ6回の写真

ブリーチ5~6回は、ホワイトブリーチの時に行う回数。

6回にもなると、黄色も薄くなりどんなヘアカラーの色もほとんど原色に近い色で発色します。

 

そのため透明感もヘアカラーもキレイ。

 

ただし、このあたりから髪の毛の質によっては切れ毛が起きてしまうので、セルフで行う場合は気を付けてください。

 

屋外で見たピンクベージュ

蛍光灯の下ではヘアカラーはやや青みが強く見えます。

そのため、屋外で見た方が正しいヘアカラーの色が分かります。

 

黒髪

黒髪をピンクベージュ屋外の写真

コチラが屋外で見た黒髪をピンクベージュで染めた写真。

ピンク感が出ていることは出ていますが、それでも印象としては「黒」が強いですね。

 

キレイな色なんですけどね。

 

生活上ブリーチできない。という方はピンクベージュで染めるとこのような感じの色になります。

 

ブリーチ1~3回

ブリーチ1~3回ピンクベージュ屋外の写真

ブリーチ1~3回染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ1~3回屋外の写真

コチラがブリーチ1~3回の髪の毛をピンクベージュで染めたもの。

写真右から1回2回3回です。

 

屋外で見るとさらにピンク感が強く出てキレイですね。

 

ただ、インターネットのヘアカタで出てくるような色とはちょっと違うかな?

 

 

ブリーチ4~6回

ブリーチ4~6回ピンクベージュ屋外の写真

 

ブリーチ4~6回染め直し後

染め直しピンクベージュブリーチ4~6回の写真

コチラがブリーチ4~6回にピンクベージュを染めたものです。

透明感がキレイですね。

ヘアカタログでみるようなピンクベージュにはこのような色が多いですね。

 

屋外で見ると、ブリーチ4回も6回も近い色ですね。

もしかしたら6回も無理して行わなくても4回で十分キレイな色がでそうですね。

 

ピンクベージュをキレイに出すには

今回私は初め、ピンクとベージュの色を1:1で混ぜて染めました。

 

しかしこれではベージュの色が強くでてしまい、ピンクがかなり薄くなります。

 

それにピンクはヘアカラーの中でも特に落ちやすい色です。

 

「ピンクベージュ」をキレイに出すには、ピンクを濃いめに染めてあげる。のが大切ですね。

 

ピンクベージュで染めた後のピンク感をキレイにキープするには、
ピンク系カラーシャンプーとカラートリートメントが便利です。

 

ヘアカラーで染めたあとの色落ちするピンクを、シャンプーの時に補ってあげることで、
長い間キレイな色を楽しむことができます。

 

ブリーチ毛じゃなくても、ピンクベージュで染めた黒髪にも効果はあるので便利ですよ。

 

そしてピンクカラートリートメントも、シャンプーと一緒に使うことでピンクをさらに補える便利なものです。

カラーシャンプーだけではキシキシしやすいので、カラートリートメントと一緒に使うとサラサラになれてピンクも濃くなります。

おススメピンクベージュカラー

ピンクベージュで染めるのは、もちろん美容室でキレイに染めるのが一番です。

しかし、時間がない、お金がもったいないなどなどいろいろな理由でいけない人もいるかと思います。

そんな方には市販のコチラのピンクベージュカラーがおススメです。

 

泡ではなくクリームタイプですが、1剤が50g入っているので、ヘアカラーの中でも量が多いです。

髪の毛が極端に多くなければ肩位置までなら全部染めれるぐらいですね。

ショートヘアなら1本で余裕です。

 

毛先の部分的なグラデーションを作るのであれば1本で十分ですね。

 

透明感のあるキレイなピンクベージュのためにブリーチするのであればこちらのブリーチがおススメです。

 

ブリーチには抜けの良いブリーチと悪いブリーチがあります。

抜けの悪いブリーチで何度行っても、色素がなかなか抜けないので時間とヘアカラーの無駄になってしまいます。

 

こちらのブリーチは市販の中でも特に抜けの良いブリーチなので、時間とカラー剤節約のためにもおススメです。

 

おススメピンクカラーシャンプー

コチラはピンクの色を補いながら洗うことのできるピンクカラーシャンプー。

洗うだけで簡単に補給できますよ。

 

コチラはナプラという美容師向けブランドが作ったピンクカラーシャンプー。

地肌への安全性を考える方や、サラサラ系が好きな人、サロンシャンプーが好きな人にはおススメです。

 

おススメピンクカラーシトリートメント

こちらは市販から販売されているカラーサプリ。

カラートリートメントではないので髪の毛の影響補給はできませんが、コンディショナーと同じように手触りが良くなります。

美容専売品に比べて高くないので気軽に使えますね。

 

コチラはシャンプーと同じナプラという会社のピンク系カラートリートメント。

こちらは「トリートメント」なので髪の毛の栄養補給もできます。

美容室向けだけあって質は良いので、髪の毛のダメージケアをしっかり行いたい方にはおススメです。

 

まとめ

今回はピンクベージュカラーをブリーチしない黒髪、そしてブリーチ髪の毛に染めて発色を確かめてみました。

 

 

みなさんヘアカラーを染める時は、インターネットや雑誌のヘアカタログを参考にするかと思います。

 

しかし、そのほとんどが「ブリーチが必要なのか」「何回ブリーチすればいいのか」というのが書かれていません。

 

「染めてみたらイメージと違った!」とならないためにも、ぜひ今回の内容を参考にヘアカラーをしてみてください。

 

もちろん、髪質によって発色の違いはあると思いますが、ブリーチの後の髪の毛を見ながら染めれば合わせやすいですよ!

 

≪関連記事≫

 

それぞれブリーチをするとキレイな発色をするヘアカラーについてまとめてあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)