塩シャンプーは頭皮に危険?抜け毛の原因になる可能性アリ

海の前にいる親子の写真

みなさん「塩シャンプー」ってしっていますか?

少し前に「湯シャン」というのが流行りましたが、次に登場したのが「塩シャン」

塩を溶かしたお湯等でマッサージを行うというとてもオーガニックな感じをイメージさせてくれるものですが、
塩シャンをすることで

「白髪が減った」
「抜け毛が減った」
「臭いがとれた」
などなど色々な声があるようです。

そこで今回は塩シャンプーが一体どんなものなのか。

そして塩シャンプーは髪の毛、頭皮環境に対して問題がないのかをいち専門家として意見を書かせていただきたいと思います。

 

塩シャンのことをネットで調べてみると、色々と良さそうなことが書いてあるのですが、
中には「ん?これは違うぞ」「こんな大それた効果はない」というような、
健康そうなイメージ”から広がった間違い情報もあるのでそれらも踏まえて書かせていただきますね。

もちろん裏図ける根拠もそれぞれ書きます。

他にも塩シャンプーに関する注意点などをまとめておきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

塩シャンプー

塩シャンプーとは

「一体塩シャンプーってなに?」と思われる方や初めて聞く方もいると思うので、まずは塩シャンプーの説明をさせていただきます。

 

塩シャンプーとは
「塩を溶かしたお湯で頭皮の汚れや油を洗い流すこと」もしくは
お持ちのシャンプーに塩を加えて洗髪すること」です。

塩シャンプーの髪や頭皮に対するメリットは

・白髪が減る
・臭いがなくなる
・サラサラになる
・頭皮に良い
・フケがなくなる

・痒みがなくなる
・湿疹が治る
・洗剤を使わずに皮脂が落とせる

このような効果があると言われていますが果たして本当なのでしょうか?このあたりも全て一つ一つ説明させていただきます。

 

塩シャンプーのやり方

①お湯だけの場合

お風呂場にいる猫の写真

・初めにぬるま湯やお湯を用意し適量(洗面器に対して大さじ一杯程度が目安)の塩を入れます。

・その後塩を溶かしたお湯をゆっくりと頭皮にかけながら流します。この際に少し髪と頭皮に揉みこみながら流すことでより全体に行き渡らせることが出来ます。界面活性剤は入っていないので当然ながら泡はたちません。

・必要に応じて繰り返します。

・全体を良く流し終えたらシャンプーは終了。リンスとしては酢をお湯に溶いた酢リンスを用います。

・最後に再度全体を流して終了です

 

これが一般的なお湯だけの塩シャンプーの一連の流れ。

髪の毛がきしむ場合は酢リンス、もしくは酸リンスを使うと手触りがよくなります。

 

この方法は湯シャンに近いですね。塩水で頭皮をすすぐ程度なら問題は特にないでしょう。

 

②シャンプーに混ぜる場合

お使いのシャンプーボトルの中に適量の塩を加えて混ぜてから使います。
もしくはシャンプーを手のひらに出してから直接塩をまぜてそのまま髪の毛と頭皮を洗います。

 

初めにお伝えしますが、シャンプーボトルの中に塩を入れるのでは絶対にオススメしません。

というのも、シャンプーというのはお風呂場という湿度が高く温度が高くなる環境化でも長期間腐ったり腐敗しないように微妙なバランスを計算して作られています。

製造工程で、一定期間の腐敗に耐えれるかのチェックも行われます。

しかし、シャンプーのボトルの中に塩を入れるということは中身のPhやイオンバランスが本来のものとは変わってしまうことになります。

 

つまり普通の状態よりも腐りやすくなってしまう可能性があるのです。

 

ちなみに、シャンプーは水増ししただけでも極端に腐敗までの期間が短くなるってご存知でしたか?

中性で塩素の入った水を加えて放置すると予定の何倍も速く腐ってダメになります。

とにかくシャンプーのボトル内に何か別なものを入れて放置する。
というのは皮膚環境にどんな悪影響を及ぼすか予想できないので絶対にやめた方が良いです。

 

加えて、塩を加えた物質はPhがアルカリ性に傾きます。

そのためシャンプーを手に出して混ぜる方法も、弱酸性で作られていることの多いシャンプー剤の意味を無くしてしまう可能性も…

アルカリ性物質というのは髪の毛や頭皮にも負担になりやすい(カラー剤やパーマ剤はアルカリ性)ので、余計なものを付け加えない方がいいです。

 

それに塩の様な粒子を加えて頭皮を擦るなんて、研磨スポンジじゃあるいし、頭皮を傷つけかねないのでやめましょう。

 

塩シャンプーは髪の毛が傷む

これは塩をお湯に溶かしたてかけ流す場合も、シャンプーに混ぜる場合も同様です。

どんな使い方であれ塩をまぜた時点で髪の毛が傷む可能性があります。

 

海水をイメージしていただくと分かりやすいです。

夏場海水浴に行き、家に帰ってきたら髪の毛がギシギシに!
せっかくやったカラーも色落してしまって茶色になった!

という経験はないでしょうか?

 

この原因は、海水のPhがアルカリ性に傾いているということ
そして塩には水分と結びついて吸収してしまう性質があるということです。

 

お湯は水道水。水道水のPhは中性。 シャンプーの場合多くは弱酸性ですが、塩を混ぜることでアルカリ性に傾きます。

 

美容室で使うものや市販で売られているカラー剤やパーマ剤は普通アルカリ性。

アルカリ性にすることでキューティクルを開かせて薬液を浸透させやすくしますが、
髪の毛はアルカリ性になると外部刺激にとても弱くなってしまう性質があり、まさに塩にはその効果があるのです。

 

ただ、同じアルカリ性であるせっけんシャンプーはアトピーの方にも推奨されるほどなので、弱アルカリ性が”頭皮”に悪影響ということには結びつかないようですが、間違いなく髪の毛の状態は悪くなってしまいます。

 

特にカラーをされたばかり、パーマをされたばかりだと極端に色落ちが早くなったりかかりが弱くなってしまったりする可能性が高いので塩シャンプーは注意しましょう。

スポンサーリンク

塩シャンプーの”本当”のところ

真実という文字が書かれた新聞紙

塩シャンプーのネット上の評判は上々のようです。ただし、ネットの情報をみていると「ん?」と思うような内容がチラホラ…

なので、塩シャンプーをすることで髪の毛や頭皮に起きる”実のところ”を紹介させていただきます。

 

特に良く書かれている、

・白髪が減る
・臭いがなくなる
・サラサラになる
・頭皮に良い
・フケがなくなる

・痒みがなくなる
・湿疹が治る
・リンスで使うのは酢がいい

このあたりにスポットを当てていきたいと思います。

 

塩シャンプーで白髪が減る?

申し訳ありませんがこの件に関しては「違う」としか言いようがありません。

と言うのも、一切なんの根拠も医学的根拠も皆無だからです。

 

おそらくこの、「塩シャンプーで白髪が減った!」というのは「なんとなく健康志向な感じがするからそんな気がする」という思い込みから生まれた都市伝説です。

髪の毛の白髪というのは、毛根内部のメラノサイトが髪を黒くする(日本人の場合)メラニン色素を生み出す機能が、”なんらか”の原因で機能しなくなり、メラニン色素を含まない、つまり色のない白髪が生えてくるのが白髪の主なメカニズムです。

 

 

このメラノサイトがメラニン色素を生み出さなくなる原因は、ストレスや血行不良、遺伝など様々なことが言われていますが、まだ謎の部分が多く解明されていません。

そして残念ながら、塩そのものにこのメラノサイトに働きかける力はありません。

ましてや塩を使ったからと言って血行が良くなる訳でもないので、この件に関しては「あり得ない」としか言いようがないのです。

追記:白髪は活性酸素によるものだという研究結果が発表された

 

A:塩シャンプーでは白髪の量に変化はない

 

頭皮の臭いが消える?

塩シャンプーによって頭皮の臭いがなくなる、もしくは減るというのはあり得ます。

これは「塩の殺菌作用」の効果によるものです。

塩は元々微生物を殺菌しそれらの繁殖を防ぐ効果があります。

その代表的なものは漬物。漬物は常温保存にも関わらず腐敗しにくいですよね。これは塩の持つ殺菌効果も大きく関係しています。

 

頭皮には皮脂と共に様々な雑菌等が存在します。当然、シャンプーだけでは落とすことはできませんし、あまりに放置してしまうとそのまま繁殖し、腐敗臭を生み出すことがあります。

塩を使うことでこれらの雑菌を殺菌、そして繁殖を防ぐことができるので頭皮の臭いが少なくなると考えることができます。

 

少し残念なのが、頭皮の臭いをシャンプーの成分のせいだけにしているような情報を見かけます。
これはあまりにも偏った考えです。

頭皮の皮脂には、体内の老廃物なども含まれているので当然ながら食生活によっても頭皮の臭いは変化します。

シャンプーを変えたから、シャンプー剤を使わなければ頭皮の臭いが消える!ということは絶対ではありませんのでご注意ください。

 

A:雑菌の繁殖による頭皮の臭いは消せるが、食生活や他の原因の臭いの場合はその限りではない

 

塩シャンプーはサラサラになる?

塩シャンプーでよく言われるのは、初めのうちはギシギシするが、続けていると髪の毛がサラサラになる、というもの。

おそらくこのように言われるようになったものいくつか理由があると思います。

 

先に結論から言わせてもらうと、強すぎる洗浄成分のシャンプーで洗っていた人の場合はシャンプー剤によるキシみが発生してしまうので、それが無くなる分サラサラになる。ということ。

この辺りはおそらくお湯だけの湯シャンであっても同じような質感の髪の毛になっていたのではないかな。というのが想像できます。

 

シャンプー剤の中には強すぎる洗浄成分が配合されているものもあります。

有名なものでは「ラウレス硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」のようなものですね。これらは石油系界面活性剤で、特に脱脂力が強く、乾燥体質の人が使うと髪の毛や肌がパサパサします。

 

これら脱脂力の強いシャンプーで髪の毛を洗う回数が減ることで髪の状態が良くなることがあります。

 

ただ誤解しないで頂きたいのは、決して塩の影響によりサラサラになっている訳ではないということ。

「塩シャンプーでサラサラになった!塩シャンプーが一番いいんだ!」と崇拝しすぎるのは危険かもしれません。

 

A:脱脂力の強いシャンー剤を使っていた人の場合は手触りが良くなるかのせいもあるが、それは塩の問題ではなく、単に脱脂力の強いシャンプー剤で洗う回数が減ったことによるもの

 

塩シャンプーは頭皮に良いの?

このような情報も、一体何がどのように良いのかを見極める必要があるのではないでしょうか。

そもそも塩=頭皮に良い というものではありません。

塩を混ぜたお湯のPhや7~8前後。つまりほんのわずかながらアルカリ性です。

髪の毛はアルカリ性に傾けることでやや傷みやすくなり、ダメージを受けやすくなります。

ただ、頭皮に対してはややアルカリ性の方がアトピーの方などには良いとされます。

 

ただ、「脱脂力の強いシャンプー剤から距離を置く」という意味では頭皮に対して「良い」といえるかもしれません。

ただそれは「塩シャンプーだから良い」という訳ではないということを勘違いしてはいけません。

 

A:質の良くないシャンプーで洗う回数が減るという意味では”良い”と言える

 

フケが出なくなる?

これは一部の人に対してはありえます。その一部の人というのは「乾燥肌」の人。

乾燥肌の人が脱脂力の強いシャンプー剤で洗っていると、頭皮の脂もなくなるので乾燥しやすくなります。

乾燥が強くなることで皮膚の薄皮が剥け、フケとなって落ちてくる場合があります。

 

ただこの場合も前と同じで脱脂力の強いシャンプー剤の使用をやめたことが原因でフケが減る可能性もあります。

 

乾燥肌ではなくオイリー肌タイプの人が洗浄成分を使わないと皮脂が溜まりすぎてしまい、ゴロゴロした様なおおきなフケが出てくる可能性もあるので肌質に合わせる必要があります。

 

A:乾燥肌の人はフケが減る可能性もあり得るが脂性肌の人は注意が必要

 

痒みがなくなる?

こちらもフケと同様の考え方です。

脱脂力の強いシャンプー剤で洗っている人は多くの人が頭皮が乾燥しすぎていることが考えられます。

 

乾燥している皮膚というのは、保護するものがなくむき出しの状態。

神経も過敏になりやすくなり、小さな刺激でもかゆくなってしまうことがります。

 

乾燥を招く原因がなくなった。という理由でかゆみが収まるということも考えられます。

 

A:あり得ること

 

頭皮湿疹が治る?

こちらも考え方によってはあり得なくもない。という話です。

頭皮湿疹の主な原因はまだ不明な部分が多いですが、乾燥によって皮膚の力が弱ってしまったために湿疹ができているのであれば、乾燥しにくくなることで結果的に湿疹が治る可能性もあります。

 

しかし、食生活が原因での頭皮湿疹の場合は症状に変化が出ない事が考えられます。

そもそもの湿疹の発生原因が違うので、シャンプー環境を変えたところでさほど意味はないのです。

 

A:頭皮湿疹の原因によっては効果的な場合もあるが、乾燥やシャンプー成分以外の原因の場合効果はない。

 

塩シャンプーのリンスとしては酢のリンスが良い?

塩水はアルカリ性に傾いてしまうので、最後に酸性に戻してあげたほうが手触りがよくなります。

酢も酸性なので問題ないといえばは問題ないのですが、他に代替品がいくらでもあります。

 

塩シャンプーを始める人はおそらく健康志向な人だと思います。

「オーガニック」や「無添加」「自然派」「ノンシリコン」このあたりに興味のある人ではないでしょうか?

塩シャンプーで天然成分を使うのであれば、リンスも天然成分で使いたい気持ちはわかりますが、正直酢はリンスとしてはおススメできません。

 

なぜ酢がリンスとして使えるのかというのは、酢のPhが酸性だからです。

お湯に薄めて使うので弱酸性になりますが、弱酸性は確かにリンスとしては最適です。

しかし、酢には髪の栄養になるものはほとんど入っていませんし、なにより髪の毛に「酢の臭い」が残ります。

実験したことがありますが、正直結構臭いです。

 

髪の毛を弱酸性にするのが目的なら市販で販売されている「酸性リンス」で十分です。

酢のように臭いものこりません。

 

一般的なリンス、コンディショナー、トリートメントも全て弱酸性でできているので、無理して酢を使う必要はないと思います。

酢単体だとかなり強い酸性なので、目に入ると危険です。

 

A:酢は臭いのでおススメしない。目に入っても危ないし、酸リンスや一般的なリンスで十分

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は塩シャンプーに関してまとめさせていただきました。

天然素材、自然素材、自然な状態のままにできるだけこだわるというのはとても良いことだと思います。

 

実際シャンプーの内容成分を見ると「なんじゃこりゃ」「使わない方がマシでは?」というようなものも正直あります。

ワザワザお金を出して買ったのにそれが原因で頭皮トラブル、なんて笑えませんよね。

 

頭皮の痒みや髪の状態など、何か試してみて状態が良くなったからと言って盲信してしまいその全てをそのすべてを信じてしまう人がいますが、何かがよくなった代わりに何かが悪くなることも考えられます。

それに方法は1つとは限りません。

 

例えば塩シャンプーは、頭皮環境には良い可能性があります。(シャンプーに混ぜるのはおすすめしない)

しかしその一方で髪の毛が傷んで茶色くなる可能性があったり、スタイリング剤などの汚れは完全には落ちません。

脂性の人が使い続ければ頭皮がギトギトすることも考えられます。

 

天然素材思考の人は化学成分を極端に嫌う傾向がありますが、世の中には研究された良質なシャンプーも存在するので、粗悪なシャンプーを使ったことで「シャンプーは良くないんだ」と決めつけず、是非とも視野を広く持ってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です