ノンシリコンシャンプーがギシギシする原因とキシまないノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーがキシキシパサパサする

人気が高いですよね。ノンシリコンシャンプー。

CMでも「ノンシリコン」というのを売りにしたりお店で販売されているシャンプーにもシールで「ノンシリコン」と強調されているのを見かけます。

 

しかし一方で多いのが

「ノンシリコンシャンプーを使ったら髪がギシギシになった!」
「絡みやすくなった!」
「キシキシする!ゴワゴワする!」という話も耳にします。

 

一体何故そんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

実はそこにはノンシリコンシャンプーで使われる界面活性剤が大きく関係しているのです。

 

このページはノンシリコンシャンプーが髪の毛に良いのか頭皮に良いのか。そしてなぜキシキシするのか。さらにキシキシしないノンシリコンシャンプーはないのか?

について紹介させて頂きます。

 

髪の毛の状態が良くなれば朝のスタイリングも楽になるので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーがキシキシする原因

髪を触る女性の写真

ノンシリコンシャンプーは髪に良いんですか?

気になりますよね。

「あれだけCMでノンシリコンを推しているんだし、色々な雑誌でもノンシリコンを沢山見かける。悪いはずがないんだ」

極端かもしれませんがこのように考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

先に回答を言ってしまいますが、「ノンシリコンかどうかはさほど重要ではない」というのが答えです。

 

シリコンに関して詳しくはこちらにまとめてあります。

 

シリコンが入っていない=良いシャンプー ではない

バジルと天然エキスの写真

シリコンに対して皆さんが思い描くのは「シリコンは悪い物」というイメージではないでしょうか。

しかしこれは大きな誤解。

 

シリコン(正確にはシリコーン)は人口化合物の中では数少ない人体にとって限りなく無害な素材なのです。

 

美容整形で体内に使われるほど。

体内に入れて問題が起きない成分というのは本当にごくわずか。

 

シリコンが悪ではない。ということは逆に考えると、シリコンが入っていないシャンプー=良いシャンプーではないということです。

 

 

入っていようと入っていなくとも、そこでシャンプーの良し悪しは判断できないということです。

 

シャンプー剤の良し悪しを決めるのは、洗浄成分』『補修成分』『コストバランスこの3つです。

 

洗浄成分

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすものです。そのため使われている材料のほとんどが界面活性剤という洗浄成分でできています。

これはすべてのシャンプーが共通です。

 

補修成分

補修成分は傷んだ髪の毛のダメージケア成分のこと。

種類は沢山あり、常に新しいもが開発されています。代表的なものでケラチンやコラーゲンなどがあります。

 

コストバランス

シャンプーの良し悪しは一回使えば実感できるものもありますが、髪の毛が本当の意味で良くなっていくためには時間が必要。

そのため続けて使っていく必要があります。

ですがシャンプーは消耗品。どのくらいのお金をかけることが出来るかという価値観は人それだと思います。

いくら良いものだからと言っても極端に値段が高ければ一回使って終わり。ということになりかねません。

 

自分に無理なく続けることができて、さらに中身のイイもの。このバランスがとても大切です。

スポンサーリンク

なぜシャンプーにシリコン剤を入れるようになったのか

外の様子が気になる男の子の写真

よくよく考えてみると、一体何故シャンプー剤にシリコンが入っているのでしょうか?

この「なぜシリコンを入れるようになったのか」が見えてくると、ノンシリコンシャンプーの本当の姿が見えてきます。

 

シャンプーはほとんどが界面活性剤。汚れを落とす成分です。

シャンプーを作っている会社はボランティアではないので、利益を得るためにシャンプーを販売します。

 

もしあなたがシャンプーを作る会社の人だったら沢山利益を得るためにどんなことを考えますか?

 

一つに「シャンプーの値段を高くする」ということがあるでしょう。これも正解と言えば正解。

ですがそんなことをしたら買ってくれる人が少なってしまいます。

 

では値段をそのままにして利益を沢山得るのは?

「中身にかかる値段を下げる」

この方法でより沢山の利益を得ることできるようになります。

 

牛丼を一杯500円で売るにしても、オーストラリア産牛肉を使うのとA5ランクの国産和牛を使うのとでは一杯売った時の値段が変わりますよね。

 

石油由来の界面活性剤

黄色い液体と黒い液体の写真

シャンプーに入れるための材料の値段を下げよう!と考えた時にピッタリのものがあったのです。

それが石油由来の界面活性剤。(高級アルコール系ともいわれますがちっとも高級ではありません)

 

石油由来なので元の値段も安くてたくさん作ることが出来ます。

 

ですがこの高級アルコール系成分、脱脂力が非常に強い。という特徴があるのです。

脱脂力:体表面や髪の毛の油分を取り除く力

髪の毛や頭皮は適度な油分が残っていることで潤いをキープしますが、必要な分の脂もなくなってしまうと乾燥してしまいます。

 

脱脂力の強い洗浄成分で髪を洗う=髪の毛の油分が無くなってしまい乾燥してくる=ギシギシ、キシキシする

このようなことが起きるのです。

 

でも洗い上がりがギシギシするシャンプーなんて普通使うのは嫌ですよね?

「せっかくならいい匂いがしてサラサラツヤツヤがいい」こう考えるはずです。

 

ということは売れなくなってしまう…どうすればいいか。

 

そこで今回のテーマであるシリコンが登場するのです。

 

シリコンは手触り改善作用すごい

綺麗な髪の毛の女性の写真

シリコンは髪の毛の手触り改善効果がとても優秀。

どのくらい優秀なのかというと、トリートメントやコンデショナーにはほぼ100%使われている。というぐらい優等生です。

 

トリートメントやコンデショナーを流した後ツルッとした髪の毛になるのは殆どがシリコンのおかげ。

 

パッケージの裏面にある内容成分表示で「~チコン」「~シロキサン」と書かれていればそれがシリコンです。

 

髪の手触りや質感をよくするためにはシリコンは絶対必要なのです。

 

ノンシリコンシャンプーはキシキシしやすい

赤毛の女性の写真

ここまで読めば「一体何故ノンシリコンシャンプーがキシキシするのか」もうわかって来たのではないでしょうか。

 

そうです、石油由来の界面活性剤の脱脂力で髪の毛がギシギシ、キシキシしていたのを補修するために入れていたシリコン剤がそっくりそのままなくなってしまったのですから、当たり前のように手触りがわるくなるのです。

 

おやおや?

 

でも「手触りが悪くなるシャンプーは売れない」はずでしたよね?

 

そう、普通は売れません。しかし「シリコンは良くないんだ」という迷信が刷り込まれていると、「髪はキシんで乾燥するけどこれで良いんだ」という一種の洗脳に似たことが起きるのです。

 

髪の毛や頭皮には適度な油分がないと水分不足になってしまい。頭皮トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

 

見直すべきは洗浄成分

虫眼鏡の写真

そもそもシリコン剤をシャンプーに入れなければいけなくなった理由は、脱脂力の強すぎる洗浄成分で髪がギシギシするのを抑えるためです。

 

ということは逆に考えると、脱脂力が強すぎない洗浄成分ならそもそもシリコンは必要ない。

ということになりますよね。

 

そうです。これが本当の”良いシャンプー”です。

 

美容専売品の多くは元々シリコンが入っていない

花とココナッツオイルの写真

もちろん全てではありませんが、美容専売品のシャンプーの多くは「ノンシリコンシャンプー」などとあえて言わないものがほとんどです。

 

シリコンを始めから入れる必要がなかったので、ワザワザの「ノンシリコンですよ~」なんていう必要もなかったのです。

 

「美容専売品」や「美容室のシャンプー」と聞くとなんだかハードルが高い様に思えますが、髪の毛や頭皮のことを真剣に考えるならおススメです。

 

まとめ

シリコンは必要だからこそ入れられていましたが、シリコンに謎の嫌悪感を持つ人が増えていまいシリコンが入っている=売れない という時代が来てしまいました。

 

シリコン自体に悪い、良いというのはないので入っていても入っていなくともどちらでも良いです。

 

大切なのは、脱脂しすぎて髪がパサパサしないのか。頭皮が乾燥しすぎないのかが大切。

 

シャンプーを終えた後に髪がギシギシキシキシするのであれば使っているシャンプーの見直しをお勧めします。

 

本当に良質なシャンプーはトリートメントやコンデショナーが必要ないほどに潤います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です