ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ原因とキシまないノンシリコン

髪をとかす女性の写真

年齢、男女ともに人気が高いノンシリコンシャンプー。

今は雑誌やCMでも「ノンシリコン」と強調されているノンシリコンシャンプーを見かけます。

しかし一方で多いのが、

ノンシリコンシャンプーを使ったら髪がギシギシになった!
絡みやすくなった!
髪がキシキシする!ゴワゴワする!

 

という使用感。

一体なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

実はそこには、ノンシリコンシャンプーで使われる界面活性剤が大きく関係しているのです。

 

そこでこのページでは、ノンシリコンシャンプーが髪の毛や頭皮に良いのか悪いのか。

そしてなぜ髪がキシキシするのか、髪の毛がキシキシしないノンシリコンシャンプーはないのか?について紹介させていただきます。

 

髪の手触りが良くなれば、乾かすのも朝のスタイリングも楽になりますよ!

ノンシリコンシャンプーで髪の毛がキシキシする原因

髪を触る女性の写真

ノンシリコンシャンプーは髪に良いんですか?

「ノンシリコンシャンプーっていいんですか?」とお客様からもたびたび質問をされます。

 

「CMや雑誌でたくさん紹介しているんだし、シリコン入りのシャンプーは悪いんだ!だから入っていないほうがイイに決まっている!」

なんて思ってしまいますよね。

 

しかし、実はシリコンが入っているのか、入っていないのかでシャンプーの良し悪しが決まるわけではありません。

 

シャンプーに入っているシリコンについては「シリコンシャンプーが悪いと思っている方が誤解していること」についての記事にまとめてあるので合わせて参考にしてください。

 

分かりやすく動画にまとめました

文章を読むのが苦手の方のために動画を作りました。良ければご覧ください。

シリコンが入っていない=いいシャンプー ではない

 

シリコンに対して皆さんが思い描くのは

  • 毛穴につまる
  • 抜け毛の原因になる
  • 頭皮に悪い

といったイメージではないでしょうか。

しかしこれは大きな誤解。

 

シリコン(正確にはシリコーン)は人口化合物の中では数少ない、人体にとって限りなく無害な素材です。

 

美容整形で、体内に使われことが高い安全性の証拠です。

 

シリコンはそもそも悪いものでもない。

ということは、シリコンが入っていない=イイシャンプーにならないのです。

 

シリコンはいい悪いではなく「便利」なもの

みなさんが使っているリンスやコンディショナー、トリートメントの中にはシリコンが必ず入っています。

シャンプーの中にシリコンを入れると、洗いあがりの質感が一気によくなるのです。

 

ノンシリコンシャンプーが流行する前は、シャンプーメーカーが率先していれるほど「便利」な素材でした。

 

ただ、質感を良くする効果を求めすぎて、入れすぎた…

結果べた付きや多くのトラブルの原因になってしまい嫌われるようになってしまったのです。

 

なにごともやりすぎはダメですねホント。

 

シャンプーの良し悪しを決めるのは洗浄成分の界面活性剤

シャンプー剤の良し悪しを決めるのは、

  • 洗浄成分(界面活性剤)
  • 髪の毛の補修成分(傷みを補修してくれる)
  • コストバランス(高ければいいってものじゃない!)

この3つです。

 

界面活性剤(洗浄成分)

シャンプーは、主成分の水(精製水)が約6割。

そして2割が界面活性剤。残りの2割が防腐剤や補修成分などでできています。

 

界面活性剤の質こそがシャンプーの良し悪しや洗いあがりを決めるのです。

 

髪の毛の補修成分

補修成分とは傷んだ髪の毛のダメージケア成分のこと。

種類はたくさんあり、常に新しいもが開発されています。

 

髪の主成分であるタンパクを補修してくれる加水分解ケラチンや、潤いを与えてくれる加水分解コラーゲンなどが入っていると、髪を補修しながら洗えますよ。

 

コストバランス

シャンプーは毎日使うもの。

中には5000円以上するシャンプーもありますが、普通は続けられませんよね。

継続して使うためにも、お財布のバランスに合ったシャンプー選びも大切です。

 

なぜシャンプーにシリコン剤を入れてたの?

疑問をもつ女の子

 

市販シャンプーでは、一時シリコンが好んで使われていました。

 

シリコンを入れるようになった理由は、1つに「手触りがよくなるから」があります。

そしてもう1つは「入れないと髪がキシキシして手触りが悪くなるから」という理由でした。

 

市販シャンプーは、コストをおさえるために石油由来の界面活性剤が使われています。
(今も変わらず使っているメーカーもある)

 

石油由来の界面活性剤の多くは、皮脂を取る力が強すぎるので、髪がキシんだりゴワゴワしやすくなるのです。

手触りが悪くなるのをごまかすためにシリコンを入れる。

 

当然、そのシリコンを抜いてしまえば髪がキシキシしやすくなるのです。

 

ノンシリコンシャンプーができた理由

材料費をおさえるために石油由来の界面活性剤を使おう!

髪を洗うと脂を取りすぎてキシむな…よしシリコンを入れよう!

手触りが良くなった!シリコンは安いものだしたくさん入れよう!

入れすぎてベタベタする

シリコンは良くない!悪いものだ!ノンシリコンが良いんだ!

こんな本末転倒なことが起きてしまったのがノンシリコンシャンプーの由来です。

 

髪のことを考えられたノンシリコンシャンプーならキシまない!

ノンシリコンシャンプーすべてがきしみやすいわけではありません。

界面活性剤の中には、きしまずに洗えるシャンプーもたくさんあります。

 

髪の手触りがよくなる理由は

  • 洗浄成分の保湿力が高い
  • 本当にシャンプーなのか?と思えるほど補修成分が盛りだくさん
  • 肌にやさしい成分で作られているので髪にも優しい

です。

 

1つ目はharu kurokamiスカルプシャンプー。

haruシャンプー画像画像引用元:https://www.haru-shop.jp/item/10390101_R

半年以上使った結果、私の頭皮の湿疹が改善されたりと優秀なシャンプーです。

ヘマチンの効果で白髪改善にも期待ができ、「コンディショナーがいらない」と公言するほど保湿力が高いです。

 

公式で買うと返金保証もついているので、高価なシャンプーに抵抗がある人にも安心です。

haru kurokamiスカルプ

もう1つは

楽天リアルタイムランキングで1位をとったこともある人気シャンプー、「ハーブガーデンシャンプー」。

ハーブガーデンシャンプー画像引用元:https://sakura-forest.com/herbgarden/

haruシャンプーとは違い、基本的にはコンディショナーとセットで使います。

男性の方はシャンプーだけでも十分です。

 

ハーブガーデンシャンプーも公式で買うと、30日間返金保証付き。

肌や髪に合うかどうかは実際に使ってみないとわかりませんからね。

【半額モニター募集中】100%天然成分のかゆみ対策シャンプー

ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えることもある?

ドライヤーをかける女性

 

もし、洗いあがりがゴワゴワしたりキシキシした髪になるなら、ノンシリコンシャンプーで抜けが増える可能性は十分にあります。

 

髪の毛の状態がわるくなると、引っかかりやすく乾きにくくなります。

  • とかしたり乾かすときに引っかかる物理的な刺激やストレス
  • 脱脂力の強いシャンプーで頭皮が乾燥
  • 乾きにくくなったことでドライヤーが中途半端になる

毎日の積み重ねで頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えることも十分にあり得る話です。

 

1日でも早い段階からケアや対策を行うことで、将来残せる髪を増やすことができますよ。

まとめ

ノンシリコンシャンプーで髪がきしんだり、ゴワゴワするのは洗浄力が強すぎるためです。

 

脱脂力の強い界面活性剤を、シリコンの手触り改善効果でおさえていたのになくしてしまえばそうなりますよね。

必要だからこそ入れていたのに…

 

髪がきしまない、洗っただけでもまとまるノンシリコンシャンプーを見つけるためには、洗浄成分に注目しましょう。

シャンプーの中身は、水をのぞけばほとんどが界面活性剤です。

 

質の良い界面活性剤なら、洗うだけでもしっとりまとまり潤いを与えてくれます。

 

シャンプーを流した時に「きしむ」「絡む」「ゴワつく」というのは、脱脂力の強いサインなので注意してくださいね。

 

≪関連記事≫

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)