暗め市販カラーおススメ5選 美容師が紹介シッカリ暗くなる方法

このページでは、「黒染めじゃないんだけど暗い色」おススメの市販ヘアカラーについて紹介します。

「ヘアカラーはじめてだし、暗めのヘアカラーから挑戦したいな」や「今明るい髪色だから暗くしたい!」という方のために、現役美容師としての知識を活かしわかりやすく紹介します。

「思ったほど暗くないんですけど?」みたいな失敗を防ぐためにもぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

長さに合わせて種類を選ぼう

ヘアカラーの写真

市販のヘアカラーは「乳液」「泡」と大きく2種類あります。

それぞれ髪に合わせて選ぶと使いやすいですよ♪

乳液(クリーム)タイプ

トロトロしたクリームで使えるヘアカラー。美容室でプロが使うのもクリームタイプです。

狙った場所に塗りやすく、液だれしにくいのが特徴。

泡よりも濃いので、色の濃さを求めるに人におススメです。

 

付け始めは乳液で、時間が経つと泡になるヘアカラーもあります。

 

泡カラーよりも量が少ないので、ミディアム~ロングヘアだと1個では足りなくなります。

泡カラー

泡で出てくるヘアカラー。市販カラーにだけしかありません。

広がりやすく伸びるので、髪が長い人にもおススメです。

 

「塗る」ではなく「揉みこむ」で付けるので、後ろ髪に付けやすいのも嬉しいですね。

 

ただ泡なので乳液よりも薄くなります。

発色も薄くなるので、濃い色を求める人には向いていません。

スポンサーリンク

暗め市販のヘアカラーはどれ?ブランド5選ごとに紹介

それぞれヘアカラーのチャートを確認しながら暗めの市販カラーを見てみましょう。

フレッシュライト

フレッシュライトミルキーカラーチャート

フレッシュライト泡カラーチャート

フレッシュライト(クリームタイプ)の暗い色は、

  • ショコラブラウン
  • クラシックブラウン
  • ロイヤルブラウン(一番暗い)

です。


ブラウン系ヘアカラーなので真っ黒にはなりません。

フレッシュライトの泡カラーは

  • スウィートモカ
  • シュガーアッシュ

が暗い色です。

 


短い髪なら乳液タイプ。長い人なら泡カラーが塗りやすいですよ。

リーゼ泡カラー

リーゼ泡カラーチャート画像引用元:https://www.kao.co.jp/liesecolor/lineup/awa/

リーゼ泡カラーの暗い色は

  • ダークネイビー(一番暗い)
  • ココアブラウン
  • ダークショコラ
  • スモーキーブラウン

ですね。

 

一番暗いダークネイビーは青系の暗い色。

ブリーチを繰り返した髪だと「青っぽくなる」という意見も多いですね。

ミルクジャムカラー

ミルクジャムヘアカラーチャート表

 

 

画像引用元:https://www.lucido-l.jp/product/colorchart_milk/

ミルクジャムカラーは伸びのイイとろ~り乳液タイプ。

伸びがよければ塗りやすくなるのは間違いありません。

一番暗い色は

  • 生チョコガナッシュ

です。

 

かなり暗いダークブラウンのような色ですね。

ギャッツビーナチュラルブリーチカラー

ギャッツビーナチュラルブリーチカラーチャート 画像引用元:https://www.gatsby.jp/product/haircolor/natural-bleach-color/

GATSBY(ギャツビー) ナチュラルブリーチカラーの暗い色は

  • クラシックモカ(ブラウン系)
  • スマートショコラ(レッド系)
  • シェイドウルフ(アッシュ系)

それぞれ暗さはほとんど変わらないので、好きな色で選んであげてください。

メンズ向けのパッケージですが、女性も使えますよ。

 


ナチュラルな雰囲気、でも色も欲しい人におススメです。

ビューティーン メイクアップカラー

ビューティーンメイクアップカラー

画像引用元:https://www.beauteen.jp/lineup/

ビューティーンメイクアップカラーは「鮮やかな発色」をテーマに作られたヘアカラー。

カラフルでキレイな色が特徴ですが、明るさや暗さのわかるチャート表がありませんでした。

 

そこで発売元のホーユーさんに問い合わせ聞いてみたところ、一番暗く感じる色は

  • ネイビーブルー

とのことでした。

ただ、メイクアップカラーは「鮮やかさ」がテーマなので、「自然に暗い色にしたい」という人には向いていません。

ブリーチした髪の毛に色を出すときなどは、どのヘアカラーよりもキレイな色を楽しめますよ♪

ヘアカラーに慣れていない人はダークトーンから始めてみよう♪

「新しい環境、髪の毛を染めてみたい!」や「奇抜な色はイヤだから自然な色がイイ!」という人も多いハズ。

そんなときは、これまでに紹介した暗めのヘアカラーから始めてみてはいかがでしょうか。

 

黒髪にちょっと色が入っている

こんな髪色を楽しめますよ。

 

染まりやすい髪の毛の人がハイトーン(明るめ)のヘアカラーで染めると、「明るすぎ」という失敗が起きてしまうことがあります。

しかし、暗めヘアカラーであれば時間を置きすぎても「暗め」にしかなりません。

 

  • 明るくなりすぎるのはイヤ
  • 染めた感が少ないナチュラルな色がいい

という方には特にダーク系カラーはオススメです。

 

※中には、それでも明るくなってしまう超染まりやすい人もいます。染める前に、髪の内側、細い毛束を染めてみて色の出方を見ると安心ですよ♪

スポンサーリンク

髪が暗くならない時の対処法

髪を気にする女性

市販のヘアカラーは、どんな髪の毛でもパッケージの裏にあるような色になるというわけではありません。

例えば何度もブリーチして明るくなっている髪の毛。

 

もとの髪が明るければ明るいほど、ダークブラウンで染めたとしても、結果ナチュラルブラウンやライトブラウンなど明るい仕上がりになることがあります。

 

染める前の髪の毛が明るければその分、予定よりも暗いヘアカラーを選ぶのがポイントです。

繰り返しカラーで暗くなる!

もし、ヘアカラーをして「思ったよりも暗くならなかった」という場合は、同じヘアカラーでもう一度。

あるいは、さらに暗い色でもう一度染め直してみましょう。

 

1度暗くなった髪色に、プラスで色素が入るのでさらに暗い髪色になれるはずです。

 

ただし、「暗くならなかったから」といって黒染めや「ブラック」などを使うと、一気に「真っ黒」になる可能性があるので注意してくださいね。

白髪染めで暗めヘアカラーを作る

白髪用カラーチャートの写真

プロの美容師も使うワザの1つに、白髪染めを使って暗めのヘアカラーにするという方法があります。

 

白髪染めは普通のヘアカラーと比べて

  • 色素が濃い
  • ブラウン系になる
  • どんなに明るくても暗くなる

という特徴があります。

 

白髪染めは、白髪の「白」を染めるために、普通のヘアカラーより「茶色」が強く作られて色素も濃いです。

色によってはどんなに真っ白になっている髪の毛でも、1回で濃いブラウンに染まるのもあります。

 

「今すご~く明るい髪の毛なんだけど、バイト(仕事)があるからど~しても暗くしたい!」

という人は、白髪染めで暗くするものオススメです。

 

特にブリーチした髪の毛に普通のヘアカラーで暗くしようとしても、暗くなりきらないこともあります。

そんなときたった1度のカラーで染まってくれる白髪染めはとっても便利なのです。

「色を楽しむ」というよりも、「ブラウン系で自然に暗くしたい」という時にピッタリです。

白髪染めは明るくならないので注意

明るい髪色でもしっかり暗くできる白髪染め。

しかし色素がとっても濃いので、一度染めると今度は明るくなりにくくなる。というデメリットもあります。

 

「仕事が始まるし、これから数年間は明るくする予定ない」「もう明るい髪色にはしない」

という人にはオススメなのですが、

「しばらくしたら明るくするかもしれない」「今だけ暗くしたい」という人には向いていません。

 

もちろん白髪染めで染めたとしても、ブリーチせずに落とす方法もあるのでご安心を。

【最速30分】ブリーチなしで髪のヘアカラーを1日でも早く落とす方法5選

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、暗めの市販カラーをメーカーごとに紹介させていただきました。

市販のヘアカラーは、乳液と泡に分かれれいるので、髪の長さに合わせて選んであげましょう。

 

「ブリーチしていて金髪」を、しっかり暗くしたい時は白髪染めも便利ですよ。

ただ色が濃い分落ちにくくなるので、しばらく明るくしない時だけにしましょう。

スポンサーリンク

暗め市販カラーサムネイル
最新情報をチェックしよう!