ヘナで白髪は染まるのか ヘナの注意点と普通のカラーとの違い

ヘナカラーの写真

髪の毛をそめるためのヘアカラーはたくさん種類があります。

そのなかでもヘナを使ったヘアカラーは「髪を傷めない」「地肌に優しい」「アレルギーが起きにくい」と評判。

そんなヘナカラーは白髪も染めることができます。

 

しかし、安全と信じられてきたヘナにも進化とともにいろいろな化学薬品が使われ、皆さんが考えるヘナとは変わりつつあるのです。

今回はそんなヘナカラーで白髪を染めるとどんな染まりになるのか。

そして気を付けなければいけないヘナについて紹介します。

ぜひとも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ヘナカラーで白髪を染める

ヘナって何?

ヘナは熱帯地域の標高が高い土地で育つ、ミソハギ科の植物のこと。

ヘナの葉に含まれる、ローソニアという成分を使って髪や皮膚などを染められるのです。

ローソニアの色素はオレンジ色。

純粋なヘナを使ったヘアカラーは必ずオレンジ色になるので、それ以外の発色をするヘナは他の成分が混ぜられています。

 

ヘナは日本ではヘアカラーで有名ですが、本場インドでは髪だけでなく皮膚に色をつけるヘナタトゥーも人気。

ヘナタトゥーをしているところの写真

コチラはヘナタトゥーをしているところの写真。

コーンと呼ばれる筒状の銀紙の中に、水でといたヘナを入れ、皮膚に塗ることで染まるのです。

へナタトゥーの仕上がり写真

時間をおいてから流すとこの写真のようなオレンジ色に染まります。

レモン汁を少し加えると染まりが良くなったりしますが、実際に私がヘナタトゥーをしたときはこんなにキレイに色がでませんでした(泣)

タトゥーを言っても、皮膚表面に色が付いているだけなので、時間がたつとキレイに消えます。

ヘナカラーが向いている人

ヘナカラーは一般的なヘアカラー剤よりもアレルギーの原因になる成分が少ないです。

起きる確率が0ではありませんが、100%ヘナでアレルギー症状が起きる人はかぎりなく0に近いのです。

 

一般的なヘアカラーには、ジアミンやアルカリ剤といったアレルギー症状が起きることもある成分がふくまれているので、
「ヘアカラーでかぶれてしまう」という方にはとてもおススメのヘアカラーです。

 

ただし、最近のヘナには、「染まりを早くするため」「オレンジ以外の色にするため」にインディゴをはじめとする他の植物成分や、
化学成分が使われているものもあります。

あくまでアレルギー症状がでないのは100%純粋なヘナだけなので気を付けてください。

100%純粋なヘナであれば、ヘアカラーのアレルギーの原因になる
・パラフェニレンジアミン
・パラアミノフェノール
は検出されません。

 

ヘナの使い方

ヘナは42~43度、お風呂ぐらいのお湯でパウダーをといて使います。

髪の毛に付けて時間を置くことで、髪の毛や白髪を染められます。

頭皮への刺激はありませんし、アレルギーが起きることもほとんどありません。

頭皮にしっかり揉み込みましょう。

白髪の部分や髪の毛全体に塗り終ったらラップで包んで30~40分置いて流します。

その間に5~6分ほどドライヤーで温めることで染まりが良くなります。

時間がたったら、しっかりと洗い流して終わりです。

必要な道具

・ボウル(ヘナパウダーをお湯を混ぜるのに使います)
・ハケ(ヘナを髪に付けるのが楽です)
・保護クリーム(ヘナが顔まりに付くのがイヤな人は使いましょう。ワセリンなどでも代用できます)
・スプーン(ヘナを混ぜるのに使います)
・ラップ
・ケープ(ヘナが服につかないようにするため)

 

ヘナで染めてみた

では実際にヘナを使って髪の毛を染めてみたので写真と一緒に説明していきます。

終わりに、実際にヘナで染めて気が付いた「ヘナカラーのポイントや気を付けること」も合わせて紹介しますね。

ヘナの中身の写真

コチラがヘナパウダーの写真。100%ヘナのタイプです。

他にもヘナにはインディゴを加えて色を変えたものなどもあります。

 

染める髪の毛がこちら。

ヘナで染める前の髪の毛の写真ヘナで染める前の髪の毛の写真ヘナで染める前の髪の毛の写真ヘナで染める前の髪の毛の写真

以前に白髪染めされていますが、根元が伸びて白髪が目立ってきています。

生え際も白髪が目立ってきていますね。

 

ヘナをまぜる

ヘナを使うには、42~43度ぐらいのお湯でパウダーを溶いて使います。

 

スプーンなどで混ぜて、マヨネーズ程度の固さにしましょう。

私が使ったヘナは、

ショートヘアミディアムヘア
ヘナの量30g60g
お湯100cc200cc

これが目安の量でした。

パウダーは100g入りだったので、よほど長い髪の毛でなければ1箱で足ります。

ポイント1
混ぜる時はスプーンではなくマドラーが楽

ヘナを混ぜる時に、スプーンをオススメされることがありますが、マドラーを使った方がずっと楽です。

マドラーの写真

コチラがマドラー。100円均一にも売っていますがスプーンよりも細かく混ぜられます。

ヘナはパウダーが細かく、混ぜるのが遅いと段々固まってくるので塗りにくくなります。

 

今回はショートヘアを染めるので、ヘナ30gをカップにあけて

ヘナのパウダーの写真

お湯を100cc入れます。

混ぜる前のヘナの写真

そしてマドラーでしっかり混ぜます。

混ぜているヘナの写真

この写真のように、少し角が立つぐらいが目安。

混ぜ終わってちょうどいいヘナの写真

細かいダマが残らないようにしっかり混ぜましょう。

ポイント2
混ぜるのはミネラルウォーターがおススメ

水道水の中には、季節や地域によって塩素が多く使われています。

塩素が多いと、ヘナの染まりが弱くなるので、一番いいのはミネラルウォーターをあたためたものを混ぜるのがベスト。

コップに入れてレンジで簡単にあたたまりますよ。

特に夏場は水道水の塩素が強くなるので注意してください。

 

ヘナを塗る

ではヘナを髪の毛に塗っていきます。

カラーのハケの写真

この写真のようなヘアカラー用のハケがあると塗りやすいです。

 

ヘナは皮膚にも色が付いてしまうヘアカラー。

もし生え際が染まってしまうのがイヤだ。という方はヘアカラーの保護クリームを事前に生え際などに塗っておきましょう。

くれぐれも髪の毛に保護クリームをつけないように。

髪についてしまうと染まりが悪くなります。

ヘナを髪の毛にぬっているところの写真

この写真のように、頭皮に直接ヘナを付けて大丈夫です。

髪の毛全体に付けて揉み込んでいきます。

ヘナを塗り終った髪の写真ヘナを塗り終った髪の毛の写真

コチラが髪の毛にヘナを塗り終ったところ。とくに白髪が気になる部分には多めに付けましょう。

ラップで包んだ写真

この写真のようにラップで髪の毛全体を包みます。

ヘナは乾燥しやすいので、隙間が空かないように包みます。

ラップの上からドライヤーを当てる写真

ラップで包んだら、上からドライヤーで5~6分ほど暖めましょう。

「弱風」で大丈夫です。

合計30~40分ほどしたらシャンプーします。

ヘナのトリートメント効果で少しキシみやすいので、コンデショナーやトリートメントはしっかり付けましょう。

 

ポイント3
一度髪の毛を濡らして、タオルドライしてから塗ろう

今回私は髪の毛が完全に乾いた状態でヘナを使いました。

しかし、正直失敗。もう少し水気のある髪の毛で塗った方が塗りやすいです。

一番良いのは、髪の毛を一度濡らし、タオルドライした状態。

水滴が垂れないていどに拭いた髪の毛で塗るのをオススメします。

固まり始めるヘナの写真

この写真はヘナを塗っている最中。

水気が乾いてきてヘナが固まり始めています。

髪の毛も引っかかりやすくなり、塗りずらいので乾いた髪の毛には使わない方が良いですね。

ヘナの仕上がり

ヘナの仕上がり写真 ヘナの仕上がり写真

 

 

ヘナの仕上がり写真 ヘナの仕上がり写真 ヘナの仕上がり写真

コチラがヘナで染めた仕上がりの写真。

全体的に白髪が目立たなくなっています。

 

コチラが Beforで

ヘナで染める前の髪の毛の写真 ヘナで染める前の髪の毛の写真

コチラがAfter

ヘナの仕上がり写真 ヘナの仕上がり写真

白髪の部分がオレンジ色に染まっているのが分かるでしょうか?

頭皮がもっと染まるかと思いましたが、ほとんど染まりませんでしたね。

髪の毛中心に色が付きました。

 

真っ黒の中に白い毛だと目立ちますが、オレンジ系の色が入ったことで目立ちにくくなるような仕上がりになりました。

染めた人の感想は「白髪染めみたいに暗くならないから、ヘナもいい」とのこと。

安全性が高くてトリートメントもあるので、アレルギーが心配な人には特にオススメできるヘアカラーです。

ポイント4
髪質によっては1回のヘナでは薄染まりのこともある

ヘナは植物の力を使ったヘアカラー。人によっては1回では染まりにくいこともあります。

ヘアカラーが染まりにくい髪質の方は、
・ドライヤーの温め時間を長くする
・放置時間を長くする
・タップリ塗る
・繰り返して塗る

この方法でヘナが良く染まります。

ヘナカラーは髪の毛や頭皮が傷んでしまうものではありません。

既定の時間より長めにおいても問題ありませんよ。

今回使ったヘナ

今回使ったヘナは箱売りのタイプで100%純粋なヘナです。

もしオレンジ色になるのが苦手なら、インディゴが混ざっているものを使うともう少し茶系に近くなります。

 

マックヘナという、箱売りでビニール手袋や説明書も同封されているヘナです。

ナチュラルオレンジの色味だけが100%ヘナ。

それ以外の色にはインディゴなどが混ぜられています。

スポンサーリンク

ヘナカラーと普通のヘアカラーの違い

みなさんがヘアカラーと呼んでいるもの。

市販のヘアカラーや泡カラーなどはほとんどが「アルカリカラー」と呼ばれるヘアカラーです。

ヘアカラーの中にアルカリ剤やジアミンなどを入れて、化学的に発色させることができます。

いろいろな色があり、使いやすく便利なのですが、
・髪の毛が傷む
・アレルギーが起きる可能性がある

というデメリットがあります。

対してヘナは
・髪の毛が傷まない
・頭皮にも安全
・アレルギーが起きる可能性が0に近い

という特徴がありますが、髪の毛がオレンジ系になってしまうという特徴があります。

「オレンジになるのがどうしてもイヤだ!」という方には向いていませんね。

 

同じくアレルギーが起きないヘアカラーでマニキュアカラーもありますが、
付いただけで皮膚が染まってしまったりと、使い方が難しいヘアカラーです。

頭皮につけてもすぐには染まらないヘナはマニキュアカラーに比べて使いやすいですね。

 

ヘナで注意しなければいけないコト

髪の毛が傷まない。アレルギーが起きない。と良いことだらけのヘナですが、気を付けなければいけないことがあります。

それは、ヘナの染まりを良くするためにアレルギーの原因であるジアミンなどの化学薬品が混ぜられているヘナがあるということ。

そして、ヘナやインディゴなどの植物染料だけではなく、化学染料が混ぜられているものもある。ということです。

 

「ヘアカラーのアレルギーがあるから、ヘナにしたのにアレルギー症状が起きてしまった」
という事故が実際に起きています。

それはヘナに混ぜられていたジアミンが原因の事故。

ヘナのメリットを全て活かすには、100%純粋なヘナ。それかジアミンや余計な化学薬品が一切混ぜられていない商品を使う必要があるのです。

 

インディゴはヘナよりもアレルギーが起きる可能性が高いので、心配な方は事前にパッチテストを行いましょう。

まとめ

今回はヘアカラーを実際に使ってみてどのくらい白髪や髪の毛が染まるのか。

そして塗って気が付いたポイントや、ヘナの注意点を紹介しました。

 

ヘナを染めたモデルの方は、「またヘナで染めたい」と言っていたぐらい。

一般的なヘアカラーよりも安全性が高いので、オレンジになることがイヤでなければ個人的にもおすすめです。

 

ただ、白髪を完全に染めるためには、やはり一般的なヘアカラーでないと難しいです。
ヘアカラーにアレルギーがないのであれば、定期的に普通のカラーをして、
普段白髪を目立たせなくするめにヘナを使う。という方法ですね。

 

おススメできるのは、余計なものが入っていないヘナだけです。

内容成分をよく確認して、ヘナやインディゴ以外の成分が入っていないか注意しましょう。

≪関連記事≫

白髪に関する内容をまとめてあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)