プロが教えるコンディショナーとトリートメントの違いと順番

トリートメントされている女性

みなさんはコンデショナーとトリートメントの違いを知っていますか?

 

どんな役割があるのか、どんな効果があるのかを知っておくとお得に使えるはず。

 

今回はそんなコンディショナーとトリートメントの違いについて紹介します。

 

少なくなりましたが、リンスについても合わせて紹介します。

 

スポンサーリンク

リンス コンディショナー トリートメントはどう違う?

天然オイルの写真

この記事を分かりやすく動画にしました

「文章を読むのが大変!」という方は動画にまとめておきましたので参考にしてください。

それぞれの違い

このページをわかりやすくまとめると

リンス コンディショナーの名前が変わったもの
コンディショナー 髪の手触り改善、表面の保護
トリートメント 髪の毛の栄養が入っているのでダメージ補修効果が高い

です。

リンスとコンディショナーを別物で考えている方もいるようですが、
多くのシャンプー製造メーカーに問い合わせて確認したところ、

「リンスとコンディショナーは同じ」ということが分かりました。

 

ただ、リンスはコンディショナーより前に作られていたものです。

コンディショナーのほうが改良されて質が良くなっているものも多いはずです。

 

基本的にはこの考え方で間違いありません。

 

ただし、このコンディショナーとトリートメントの考え方は製造している会社によって少し変わるようです。

つまり、製品やブランドによって効果が変わるということですね。

 

詳しいないようについてはトリートメントやコンディショナーについては製造元に聞いてみました。

 

メーカー「今日はどのようなご相談ですか?」

私「あのぉ…リンスとコンデショナーとトリートメントの違いが良く分からないんですけど…いろいろあって分からなくて…」

メーカー「かしこまりました。それでは説明いたしますね」

私「助かります!(∩´∀`)∩」

 

コンディショナーとトリートメントの違いを製造メーカーに聞いてみた

市販品ブランドの回答

クエスチョンマークの写真
リンス コンデショナー トリートメント
資生堂

(TUBAKI等)

 手触りを良くするだけ  リンスの名前が変わったのもの。表面を保護するだけ  髪の毛に栄養を与える。

トリートメントを使えば基本的にコンデショナーはいらない。

P&G

(パンテーンなど)

 手触りを良くするだけ  リンスと同じ。髪の毛のベースを作るもの

トリートメントと併用する場合は先にコンデショナーを付ける(ココが珍しい)

コンデショナーを強化したもの。

さらに髪を良くしたい場合はトリートメントをつける。

一緒に使った方が効果は上がる

KOSE

(ジュレーム、スティーブンノルンなど)

手触りを良くするだけ リンスの名前が変わったもの。

シャンプーで取れた油分を補い膜を張る。

 

栄養を与える。

付ける順番はKOSEの中でもブランドによって異なるため、コンデショナーが先のものもあればトリートメントが先の場合もある。

最も売れているスティーブンノルというブランドではトリートメントが先。

カネボウ

(SARAなど)

手触りを良くするだけ シャンプー後の指通りを良くする。

シャンプー後の毛をなめらかにする。

トリートメントと併用しなくてもいい。

コンデショナーに比べて保湿力や栄養が高い。

傷んでいる人向けで毎日使っても問題ない。

コンデショナーと併用する必要はない

花王

(エッセンシャルなど)

髪の滑りを良くする リンスと同じもので名前が違うだけ。

トリートメントと一緒には使う必要はない。

髪の毛が傷んでいて内部をしっかりケアしたい人向け。

コンデショナーと一緒に使うと油分が多すぎるので、どちらかだけでいい。

どうしても使いたい場合、一週間の内2日ぐらいをトリートメントにするなど日にちで分ける。

 

代表的なメーカー様に質問をして聞いたところこのような回答に。

分かりやすくそれぞれまとめると

 

リンス

リンスの効果:油膜を髪の毛に与えて手触りを良くする、静電気を起こしにくくする

最近ではコンディショナ―として名前が変わってしまいほとんど見なくなりました。

 

リンスが髪の毛に与える効果は「髪の指通りを良くする」「静電気を起こしにくくする」ことが主な目的。

 

髪の表面に油膜を張るだけなので、長持ちしません。

栄養効果も期待できないので、使いづけることで髪質が良くなっていくということはありません。

 

「リンスインシャンプー」は、リンスとシャンプーを混ぜたものではなく、
リンス効果のある成分がシャンプーに入っているものです。

 

間違って混ぜて使わないようにしましょう。それぞれの効果が弱くなってしまいます。

 

コンディショナー

コンデショナーはリンスの名前が変わったもの

 

髪への効果はリンスとコンディショナーはほとんど変わりません。

 

油膜が髪の毛につくことで手触りが良くなり、静電気が起きにくくなります。

 

製造メーカー様にも「リンスとコンディショナーに栄養効果はない」と説明されましたが、
私は少し違うと思います。

 

髪の毛はヘアカラーやパーマで傷むとアルカリ性に傾いてしまいます。

リンスやコンディショナーは弱酸性で作られています。

 

アルカリ性に傾いた髪の毛を理想的な弱酸性に戻してくれる。

そして髪の毛が傷みにくくなって栄養がこれ以上流れにくくなる。

 

と考えると関節的な栄養効果。と考えてもいいのではないかなと考えるのです。

 

トリートメント

髪への栄養効果期待でき、ダメージを補修できる成分が配合されています。

 

リンスやコンデショナーと違いトリートメントは「髪が良くなる」と言えます。

 

特に、ヘアカラーやパーマを繰り返して髪の毛が傷んでいると、コンディショナーでは補修が追いつきません。

 

髪の毛の傷みが大きい方はトリートメントで栄養補給をしましょう。

 

足りない栄養を補うことで、髪の毛の手触りも大きく改善されます。

 

トリートメントの吸収を良くする方法

石鹸とトリートメントの画像

トリートメントはリンスやコンディショナーよりも高価。

せっかく使うなら効率よく効果を出したいですよね。

そこで今回は、プロも使うトリートメント効果を高める正しい付け方を紹介ます。

 

リンスやコンディショナーでも効果はなくはないですが、栄養のあるトリートメントがおススメです。

 

水分は多すぎず少なすぎず

 

シャンプーした後、髪の毛が濡れすぎているとトリートメントが薄くなります。

 

まずは手で「ギュッ」と髪をしぼって余計な水分を取ります。

 

タオルで水分を取りすぎてしまうとトリートメントの伸びが悪くなります。

 

トリートメントは地肌につけない

コンディショナーやトリートメントは地肌につけずに使います。

 

油性成分が多いので、地肌に残りやすく頭皮トラブルの原因になります。

 

根本には付けず、特に傷みの大きい毛先中心に。

 

流すときはしっかとお湯ですすぎましょう。

 

手でこすらずにもみこむ

トリートメントをつけるときは、手でこすり合わせてはいけません。

 

髪が濡れているときに手でこすり合わせるとキューティクルが傷んでしまいます。

 

トリートメントは髪の毛に手で圧をかけるようにもみこみましょう。

 

髪の毛をまとめたあと、タオルやラップでつつむと体温で効果が高くなります。

 

 

コンデショナー トリートメントを付ける順番は?

綺麗なお風呂場の写真

両方つけるのであればトリートメントが先

もしコンディショナー、トリートメント両方付けるのであれば、
トリートメントを先に付けましょう。

 

コンディショナーで油膜を張ってしまうと、トリートメントの栄養効果が届きにくくなります。

まずはトリートメントで内部補修。

そして油膜でフタをする順番が効果的です。

 

どちらかをつけるなら

もしどちらか片方をつけるのであれば、髪の補修力の高いトリートメントがおススメです。

 

トリートメントも油膜効果があるので、1本だけでも十分。

ヘアカラーやパーマで傷んだ髪の毛をサラサラに導いてくれます。

 

シャンプーメーカーによっては付ける順番が違うこともある

今回さまざまなシャンプー製造メーカー様に聞いてみましたが、
メーカーやブランドによってコンディショナーとトリートメントの順番が違うこともあるようです。

 

基本は、トリートメントが先で間違いありません。

ただ製品の説明を一度読んで、順番が書かれている場合は説明通りに使いましょう。

 

トリートメントは高い…という方は

トリートメントは補修成分が入っている分価格も高くなります。

 

「毎回トリートメントはちょっと高い…」

という方は、コンディショナーと交互に使うと抑えられます。

 

普段はコンディショナー。時間を置けるときはトリートメント。

こんな使い方なら節約できますよ。

 

トリートメントやコンディショナーは付けなくても良い?

バスソルトの写真

コンディショナーやトリートメントは必ず付けなければいけないものではありません。

 

「シャンプーだけでもパサパサが気にならない」
「カラーもパーマもしていないから傷んでいない」
「髪がベリーショートで気にならない」

という方は無理に付ける必要はありません。

 

ノンシリコンシャンプーでキシキシするようなら付けよう

「ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ」という方もいます。

 

シャンプーの脱脂力が原因なのですが、シャンプーだけで手触りが悪くなるのであれば、
傷んでいなくてもコンディショナーを使いましょう。

 

ギシギシ、ゴワゴワしたままだと髪が引っかかりやすく抜け毛の原因にもなります。

 

必ずシャンプーとセットでそろえる必要はない

シャンプーの裏に「セットで同じ製品のコンディショナーを使うといい」
と書かれていることもありますが、とくに守る必要はありません。

 

違うコンディショナーを使っても十分効果は発揮されます。

 

ただ、匂いがバラバラになってしまうということもあるので、
気に入った匂いがあれば同じものを使いましょう。

 

まとめ

今回はコンデショナーとトリートメントの違い、そして効果的な使い方を紹介させていただきました。

まとめると

  • コンディショナーは髪表面の保護
  • トリートメントは髪の栄養効果があり、補修できる
  • コンディショナーはリンスの名前が変わったもの

です。

 

ぜひ参考にしてください。

 

≪関連記事≫

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)