リンス コンディショナー トリートメントの違い 付ける順番は?

トリートメントされている女性

男性女性問わず、シャンプーの後に使う リンス、コンデショナー、トリートメント。

髪の毛に関心を持つ方も増えて来たので、匂いや使用感などこだわって付けている方も多いのではないでしょうか?

 

このページではそんな製造元に直接聞いたリンス、コンディショナーとトリートメントの違い

そして重ねて付ける場合の正しい順番重ねて付ける必要はあるのか

さらに、出来るだけ効果を発揮しやすい方法を紹介させていただきます。

せっかくなら無駄なく使いたいですよね。

 

日頃何気なく使っているのに、
「一体どう違うのか分からない。」
「どっちの方が効果が高いの?」
「色々な種類を付けた方が良いの?」
「なんでトリートメントは他のよりも高価なの?」
など気になったことがある方はこのページで全て解決できるので参考にしてみてください。

 

もちろんただ何となく使ってみた感想…ではなくきちんとプロとしての判断で説明させていただきますのでご安心ください。

スポンサーリンク

リンス コンディショナー トリートメントの違い

天然オイルの写真

リンス、コンディショナー、トリートメントは別物なの?

答えはYES。ただしリンスとコンデショナーは同じもの。

 

「髪の毛の指通りを良くする目的」という意味では同じものです。しかし、中に配合されている成分や使用目的が異なるので、髪の毛に与える効果も変わってきます。

 

それぞれを簡単に説明するなら

リンス・コンデショナー 髪の表面の保護。栄養効果はほとんどなし
トリートメント 髪の表面保護+髪の毛の中に栄養を入れることが出来る。

です。

 

しかし、これはあくまで表向きの考え方。

 

何とコンデショナーやトリートメントの製造している会社によってこの定義は少し違ってくるのです。

 

消費者としては「え?じゃ正解は?」と疑問に思ってしまいますよね。

 

そこで各社に電話凸して聞いてみました(笑)

 

メーカー「今日はどのようなご相談ですか?」

私「あのぉ…リンスとコンデショナーとトリートメントの違いが良く分からないんですけど…色々あって分からなくて…」

メーカー「かしこまりました。それでは説明させていただきますね」

私「助かりますぅ(ニヤリ)」

 

市販品ブランドの回答

クエスチョンマークの写真
リンス コンデショナー トリートメント
資生堂

(TUBAKI等)

 手触りを良くするだけ  リンスの名前が変わったのもの。表面を保護するだけ  髪の毛に栄養を与える。

トリートメントを使えば基本的にはコンデショナーはいらない。

P&G

(パンテーン等)

 手触りを良くするだけ  リンスと同じ。髪の毛のベースを作るもの

トリートメントと併用する場合は先にコンデショナーを付ける(ココが珍しい)

コンデショナーを強化したもの。

更に髪を良くしたい場合はトリートメントをつける。

一緒に使った方が効果は上がる

KOSE

(ジュレーム、スティーブンノルン等)

手触りを良くするだけ リンスの名前が変わったもの。

シャンプーで取れた油分を補い膜を張る。

 

栄養を与える。

付ける順番はKOSEの中でもブランドによって異なるため、コンデショナーが先のものもあればトリートメントが先の場合もある。

最も売れているスティーブンノルというブランドではトリートメントが先。

カネボウ

(SARA等)

手触りを良くするだけ シャンプー後の指通りを良くする。

シャンプー後の毛をなめらかにする。

トリートメントと併用しなくてもいい。

コンデショナーに比べて保湿力や栄養が高い。

傷んでいる人向けで毎日使っても問題ない。

コンデショナーと併用する必要はない

花王

(エッセンシャル等)

髪の滑りを良くする リンスと同じもので名前が違うだけ。

トリートメントと一緒には使う必要はない。

髪の毛が傷んでいて内部を補修したい人向け。

コンデショナーと一緒に使うと油分が多すぎるので、どちらかだけでいい。

どうしても使いたい場合、一週間の内2日ぐらいをトリートメントにするなど日にちで分ける。

 

代表的なブランド様の情報を集めましたが、このような結果になりました。

各社の情報をそれぞれ分かりやすくまとめると

 

リンス

効果 油膜を髪の毛に与えて手触りを良くする、静電気を起こしにくくする

主な使用目的としては手触りの改善ですね。

 

最近ではリンスはコンディショナ―として名前が変わってしまい、ほとんど見なくなりました。薬局に探しに行っても見つけるのが大変なぐらい。

 

リンスが髪の毛に与える効果は「髪の指通りを良くする」「静電気を起こしにくくする」ことが主な目的。

髪の毛に油分を与えて表面に膜を張ることで髪の毛の手触りが良くなるのです。

 

髪の表面に油膜を張るだけなので、”持ち”は非常に悪くアッという間にほとんど落ちてしまいます。

髪の毛の栄養も入っていないので使い続けたからと言って髪の毛がどんどん良くなるということはありません。

 

価格もトリートメントよりも遥かに安く、シャンプーの中に混ぜられているタイプのものもあります。

 

 

「リンスインシャンプーがあるならシャンプーと混ぜて使えるの?」という質問の答えはNO。それぞれ別々に使うようにしましょう。

 

ちょっと小難しいので興味がなければ飛ばしてください

シャンプーとリンスにはそれぞれ必要なイオンに帯電するよう電荷がカチオン化されていたりアニオン化されています。

リンスインシャンプーはこのバランスを上手にとって混ぜることが出来ていますが、適当に混ぜて使ってしまうとシャンプー、リンスそれぞれの効果が弱くなってしまうので注意しましょう。

 

コンディショナー

コンデショナーはリンスの名前が変わったもの

一時的に髪の毛の手触りを良くしてくれたり、静電気を防止してくれる効果があります。効果はほとんどリンスと同じですね。

 

各社共通して「リンスには栄養効果はない」と言っていますが、個人的にそれは少し違うと思います。

 

髪の毛はカラーやパーマ、縮毛矯正などを行うとアルカリ性~弱アルカリ性になります。

 

髪色を明るくしたり形を変化させるにはアルカリ性に傾ける必要があるのですが、アルカリ性に傾いている間の髪の毛はキューティクルが開いていてとても傷みやすくなっています。

 

コンデショナーやリンスは弱酸性なので、付けてあげると髪の毛も弱酸性になります。

弱酸性の髪の毛というのはキューティクルが閉じて傷みにくなります。

 

傷んだ髪の毛の栄養をこれ以上外に出ないように蓋をする。という意味では間接的にリンスやコンデショナーも髪の毛の栄養の役割があるのではないかなと思いますね。

もちろんリンス自体を考えれば栄養は入っていないんですけどね。

 

トリートメント

トリートメントがリンスやコンディショナーと大きく違うのは、髪の栄養やダメージ補修できる成分が配合されているという点です。

 

リンスやコンデショナーと違いトリートメントは「髪が良くなる」という表現が近いですね。

 

カラーやパーマを繰り返していて髪の毛が大きくダメージしている方の中には、リンスやコンデショナーだけではダメージケアが追い付かない人もいます。

そんな時におススメなのがトリートメントです。

 

トリートメントを販売している各社の説明も、「コンデショナーよりダメージ補修をしたい場合はトリートメント」と答える人が多くいました。

 

手触り改善、しっかりとしたダメージケアを目的にするのであればトリートメントを使うことをおススメします。

スポンサーリンク

トリートメントの吸収を良くする方法

石鹸とトリートメントの画像

トリートメントはリンスやコンディショナーよりも高価。せっかく使うなら効率よくできるだけ少ない量で効果をしっかり出したいですよね。

そんな方の為に、プロが営業でも使うトリートメントを髪の毛の中に入れ込む方法を紹介させていただきます。

 

リンスやコンデショナーは髪の毛表面の保護が目的で栄養はありません。

時間を置けば置くほど効果が高くなるということはほとんどないので、あくまでトリートメントを使うときの参考にしてください。

 

「トリートメントを付けるときは少し時間を置いた方がいい」というのは、栄養成分が髪の毛の内部に入り、定着するまでに少し時間がかかるため。

お家でされる場合は20~30分置く必要はありませんが、せめて5~10分前後はトリートメントに時間を使えると良いですね。

 

トリートメント手順

シャンプーとトリートメントのボトルの写真

シャンプーした後、髪の毛がビチョビチョのままだとトリートメントが薄まってしまいます。

手でギュっと水気を絞ってから付けましょう。

 

しっかり時間を置くときはタオルで水気を取ってからでもいいですが、取り過ぎてしまうとトリートメントの伸びが悪くなるのでほどほどに。

 

髪の毛に付けたら、頭皮には付けずに真ん中~毛先に伸ばします。

トリートメントは油分が強いので頭皮に付けてしまうと抜け毛、かゆみの原因になります。

 

髪の毛全体に付けたら毛先を中心に揉み込むように付けましょう。手の圧力でトリートメントが中に入りやすくなります。

 

指は根元側から毛先の方に向けて滑らすように。

 

毛先から根元側に向かって滑らせてしまうとキューティクルを逆立てることになるので毛を傷めてしまいます。

 

 

もし時間を置く場合キャップを使うと丁寧ですが、髪をまとてしまいタオルで包んであげるだけで十分です。

 

浴室の温度、体温の温かさでトリートメントの吸収が良くなります。

 

目安は10分前後置けば十分です。

30~40ほど置いても効果はたいして変わりません。

 

コンデショナートリートメント 付ける順番は?

綺麗なお風呂場の写真

 

トリートメント、コンデショナーによる

 

販売元各社に聞いてみたところ、曖昧ではありますが付ける順番は商品ごとに違うようです。

・コンデショナーが先
・トリートメントが先
・片方だけでいい

本当に各社、各商品ごと様々。

 

しかしもし両方付けるのであればトリートメントを先に付けた方方が良いですね。

 

トリートメントは髪の中に栄養を届けることが出来ます。

栄養を効率よく髪の毛の内部に届けるためにも、髪の毛に油分が少ない状態が望ましいのでトリートメント先に付けましょう。

 

もしどれか一つ付けるなら

どのくらい髪の毛がダメージしているのかによって変わりますが、どちらかをつけるのであればトリートメントがオススメ。

髪に栄養を入れらるので効果が高いです。

 

ただトリートメントはコンディショナーよりも高価。

コストを考えるのであれば普段はコンディショナー。4~5日に一回トリートメントという使い方であればお得に使えます。

 

もしカラーもしていない、パーマもしていないとい髪の毛ならダメージもほとんどないのでコンディショナーで十分です。

 

トリートメントやコンディショナー付けなくても良い?

バスソルトの写真

あまり知られていないのでビックリするのですが、リンス、コンディショナー、トリートメントは必要がなければ無理に付ける必要はありません。

 

シャンプーをしたらその後はコンディショナーやトリートメントをする。という流れをセットで考えている方もいますが、必要がないのであればシャンプーだけで何も問題ありません。

 

例えば、男性なら髪の毛も短く、カラーもパーマもしていないという方も多いです。

そのような方は付ける必要なし。

 

手触りが良くなるから付けたい。という方は付けても良いですが、付けなければいけないということは全くないので誤解しないでください。

 

 

女性の場合も、小学、中学など、カラーやパーマを全くしていないしダメージも受けていないという人がほとんど。

無理に付ける必要はありせん。

シャンプーの脱脂力が強く、洗い上がりがギシギシして大変という人は手触り改善の為に付けてあげましょう。

 

「必要があれば付ける」この考えでいいのです。

 

カラーやパーマをしている方は髪の毛の栄養が失われているので補う意味でも付けた方が良いですね。

 

シャンプーと揃える必要は無い

こちらも勘違いしている人がいらっしゃいますが、シャンプーの裏面に書いてある「同じ種類のトリートメントを使っていただくとより効果的です」というのは守る必要はありません。

 

好きなのをそれぞれ使ってあげてください。

 

セットで使うことで効果がアップすると書かれてるシャンプーコンディショナーもありますが、バラバラに使ったからと言ってほとんど効果は変わりません。

お気に入りを使っていただいてお風呂ではリラックスしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。リンスやコンデショナー、トリートメントの違い。

そして使い方などを書かせていただきました。

 

コンディショナーやトリートメントを付けるのに最も大切なことは、『髪の毛の状態、必要に合わせて付けてあげる』ということです。

 

ダメージが大きいのであればトリートメント。手触り改善が目的であればコンディショナー。
もしも必要ないのであれば付けない。

このような考え方で無駄を省けると思います。

 

 

各社各メーカーに問い合わせた内容と、自分の専門家としての知識を照らし合わせつつ紹介させていただきました。皆さんの参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です